Kategorien
Allgemein

ツリーラン、というか藪滑走について

今年のように雪が少ない年は藪とうまく付き合っていかないと山スキーが楽しめない。

「藪が埋まってから山に行こう」となるといつまでたっても山スキーはできない。

白馬乗鞍や唐松岳のようにゴンドラやリフトを使って森林限界から上だけで楽しむのなら良いかもしれないが、ちゃんと自分の足で登って滑ろうと思えばある程度藪に慣れておいた方がいいしできれば楽しめた方が良い。

先日の木曽駒ヶ岳も稜線から下は藪滑走だった。

隙間がないほどの藪だったら登山道をボブスレーするしかないが、割といい感じに木々の間隔が空いていてパウダーも生きていたのでそれなりに楽しめた。

先日の木曽駒ヶ岳稜線直下の状況。これくらい間隔が空いていれば十分ツリーランを楽しめる。

登山道はバッチリ空間が担保されているが両脇の森を滑った方が楽しい。

中央アルプスや南アルプス、八ヶ岳は植生が何となく似ていて、スキーができるほどの標高では太いダケカンバやしらびそがある程度密集して群生している。

慣れないと木に激突するので危ないが日本海側の藪に慣れていれば割と滑りやすいと感じるかもしれない。

八ヶ岳の赤岳直下の森。中央アルプスとちょっと似ていてしっかりした木立がある程度の間隔で群生している。

先日の西吾妻山もそこそこ雪は多いがどちらかというと太平洋側に位置するのでアルプスの植生に似ていると思った。

西吾妻山の森。雪は多いが八ヶ岳や中央アルプスに少し近いかも。

日本海側の山域では雪が多い年なら藪は全部埋まってしまうので快適ツリーランが楽しめるが、今年のように暖冬だと激藪滑走を強いられる。

小谷村の大渚山。雪が多ければ最高のツリーランが楽しめる。

今年の白山楽々新道。激藪だった。

中央、南アルプスの藪は木々を除けて滑るという感じだが、日本海側の激藪は「藪に突っ込む」という感覚だと思っている。

藪滑走はゲレンデでは身に着かないスキルなので山でマスターするしかない。

そのためには食わず嫌いをせずに雪が少なくても山スキーへ出かけるモチベーションが必要だと思う。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.